ホーム » 研究指定

地方創生を担う人材の育成に関する協定 Collaboration agreement

本校と、株式会社十六銀行は、「地方創生を担う人材の育成に関する協定」を締結いたしました。株式会社十六銀行と連携・協力し、岐阜の将来を担う人材の育成に取り組み、岐阜地域の活性化に貢献します。
協定内容

協定の目的と内容


互いの人的資源等を活用し、相互に幅広い連携・協力関係により、岐阜の地域経済の発展をはかるため、岐阜県立岐阜商業高等学校の生徒が将来岐阜県で活躍できる地域社会人として成長するための人材育成に取り組むことで、新たな地域活力の創出に寄与することを目的とする。





①起業家教育に関すること
②ビジネス人材育成に関すること
③地域経済活性化・連携に関すること
④そのほか、地方創生を担う人材の育成に関すること

SPH(スーパープロフェッショナルハイスクール)研究事業 Be the CEO Project

研究概要







『会社設立・経営を通して実践力・創造力・起業家精神を身に付け、グローバルに活躍するビジネスリーダー育成プログラム』
~Be the CEO Project(「生徒全員が社長」プロジェクト)~






 高等学校における商業教育は、生徒が社会に出てから活用できる知識や技術、能力や態度を育成することを目的としている。それを踏まえ、本研究においては「実学」としての商業教育の推進を図ることを研究の主眼とする。そのために、これまで以上に地域との連携・交流による実践的教育や外部人材を活用した授業を充実させ、実社会や職業との関わりを通して、高い職業意識や規範意識、コミュニケーション能力等に根ざした実践力と、経営管理能力を養成する教育プログラムを確立する。併せて、グローバル化に対応したビジネスリーダーを育成する。
 【目指す生徒像】
①基礎的・基本的な知識・技術、社会人としての資質を確実に身に付けたうえで、ビジネスの知識・技術を実際の経営活動における様々な場面で主体的に活用できる生徒
②創造性豊かで斬新な発想を創出する能力と経営管理能力をもつ生徒
③自ら学ぶ意欲、自主的に行動する力、課題発見力、課題解決力をもち、ビジネスを新たに創造する起業家精神をもった生徒
④多様な文化や価値観を理解し、ビジネスの諸活動に外国語を活用できる能力
⑤将来、我が国もしくは、グローバル社会でビジネスリーダーとして社会貢献するという高い志をもつ生徒





・高校生が会社の設立・経営活動に主体的に参画し、生徒全員が経営者としての素養を育成する実践型ビジネス教育プログラムを実施する。
・海外の商業高校と連携し、ネットモールを運営するとともに、ビジネスの諸活動で活用できる外国語によるコミュニケーション能力を身につける。
・情報サービス産業の振興を支える高度な専門性を有したIT人材を育成する。
・商品開発、商業デザイン、デジタルコンテンツ制作による知的財産教育を推進する。
・産業界のニーズを反映させた教育プログラムを開発・実施するとともに、産学官の連携による生きた知識を習得し、商業教育の更なる専門性の深化を図る。

飛び出せスーパー専門高校生推進事業 Research Project

研究開発テーマ

 「産学官協働による創造的な能力と実践的な態度の育成」

研究開発内容

(1)岐阜県商工労働部が主催する各種イベントやコンベンションに参加し岐阜県の中小企業の動向を調査・研究する。
(2)県内の優れた中小企業の現場を取材し、岐阜県の中小企業の魅力をテレビ番組として発信する。
(3)ネットショップで実績のある岐阜県の店舗と共同で商品開発、ネット販売ページ制作を行う。

具体的実施内容

・岐阜県商工労働部と連携し、岐阜県の優れた中小企業の選定、企画の立案等を実施する。
・岐阜県の優れた中小企業の経営者を招聘し、講話を実施する。
・テレビ番組制作における中小企業の取材においては、就業体験、インタビュー、ロケを実施する。
・地元大型店舗マーサ21においてリアル販売や各種イベントを合同で企画、実施する。
・地元商店のPOP広告やチラシを作成する。

飛び出せスーパー専門高校生推進事業 事業イメージ図

事業イメージ図
クリックで拡大します
連携イメージ
連携イメージ図
※県立岐阜商業高校での連携について
ページのトップへ戻る